かるてぃべーと Cultivate

国際協力とか、農業とか、音楽とか、ボードゲームとか。

[文化][本]バナナの皮はなぜすべるのか?

 
 
 
バナナが好きだ。
ミネラルだけでなく食物繊維も豊富なバナナが好きだ。
味だけでなくお腹も満足できるそんなバナナが大好きだ。
 
「バナナの皮はなぜすべるのか?」という本を読んだ。
これがとても興味深かく、バナナの歴史まで調べたので、それらをまとめて書こうと思う。
 
断っておくが、
これは決して”バナナの皮の滑りやすさ”について証明するようなものではなく、
”バナナの皮で滑る"という、ステレオタイプと化してしまった現象をざっとまとめるものである。
 

f:id:prunus-4-cerasus:20171201171453j:plain

 
 

バナナの始まり

 
バナナが書物で初めて登場したのは、
1741年 植物学者 ゲオルグ Georg Eberhard Rumphiusの「アンボイナ植物誌 Herbarium amboinense」であるが、
紀元前8000〜5000年には既に世界最古の農業遺跡であるクック湿地帯で栽培されていたようである。
 
ヒエログリフにも食用としてのみならず、治療に利用されていた様子が残っているらしい。
 
欧米に持ち込まれたのは、もっとずっと後になる。
ポルトガル人が西アフリカからカナリア諸島へ持ち込み、しばらくは植民地のプランテーションに使われていた。(栽培適温が20〜30℃だからそもそもイギリスとかでは育たないよね。)
 
その後、イギリス入植者がアメリカでの栽培を試みるが失敗するが、16世紀には(おそらく南米で)広まったらしい。
ちなみに、1799年にはキャプテン・クックがハワイでバナナ栽培を見つけている。
 
 
ちなみに日本には、明治維新後から輸入/移入され始めたが、明治以前にも一部の島々では栽培していたようである。
 
 

滑った人がいたのか?

 
では、バナナが見つかってから人々が滑るまでに何があったのか。
 
アメリカがバナナを大量に輸入し始めたのは、1866年。今はもう見ぬグロスミッチェル種だった。
 
その後、1873年出版の「80日間世界一周」でも紹介され人気が上がっていき、1976年には10セントで売られるほどになった。
 
しかしながら、1879年、当時全国的に売れていたアメリカの雑誌Harper’s Weeklyで、その皮のポイ捨てが紹介され、
1909年には、セントルイスでバナナの皮を公道に投げ捨てることが法律で禁止された。
 
 
日本でも、バナナが庶民の食べ物になったころは皮が落ちていたことがあったらしいが、なぜバナナの皮は落ちていてみかんの皮は落ちていないのか、不思議に思う。(話題性かしら?それとも滑るから?)
 
何はともあれ、
バナナは有名になり、その皮がポイ捨てされ、実際に滑る人がいたことは間違いない。
 
それを見て閃いたのが、アメリカの芸人なのである。
 
 

初めて滑った人

これはアメリカの芸人 ビリー・ワトソンが自称しているようで、1900年ごろのことである。
 
日本人だと、チャップリンが元祖ではないかと思っている人もいるようだが、彼が初めてバナナで滑ったのは、1915年「アルコール先生海水浴の巻」の時であり、少なくとも彼よりはビリーの方が先だ。
(ただ、映画として”バナナの皮で滑る”パフォーマンスを初めて取り入れたのはチャップリンだと言える。)
 
その後もバナナにまつわるお笑いやエンターテイメントはたくさんあるが、それは本を読んだり調べたりしてほしい。
 
 
こうして、”バナナの皮が滑る”パフォーマンスが誕生したのである。
 
 

日本の文化では

1899年に、正岡子規がバナナを詠んでいるが、それは冬の季語とともに使われており、1902年の句ではバナナを夏の季語として使用している。
 
さらに、
1926年 芥川龍之介の「点鬼簿」や、
1935年 堀口大學の「バナナ」
での描写では、当時バナナはまだまだ庶民のものではなかったことが見て取れる。
 
1948年には、長谷川町子さんがバナナの皮パフォーマンスを漫画で描写しているが、その頃から多くの漫画でバナナの皮が描写されるようになったようだ。
 
 
チャップリンの映画もアメリカと同時期に日本で公開されているから、半世紀の間じわじわとバナナスリップ現象が日本に浸透していったのだろう。
 
 
 

終わりに

 
「バナナの皮はなぜすべるのか?」著者の黒木夏美さんは、最後に実演することで検証しているが、私はしない。
 
 
なぜなら、そもそもバナナの皮は捨てるべきではないし、試さずとも滑りやすいのは既に経験済みだからである。
 
それでも、私はバナナが好きだ。
 

 

バナナの皮はなぜすべるのか?

バナナの皮はなぜすべるのか?

 

 

バナナの歴史 (「食」の図書館)

バナナの歴史 (「食」の図書館)

 

  

バナナの世界史――歴史を変えた果物の数奇な運命 (ヒストリカル・スタディーズ)

バナナの世界史――歴史を変えた果物の数奇な運命 (ヒストリカル・スタディーズ)

 

 

[思考・哲学]生活(ほっこり)

 

みなさんは、“生活”していくことに

どんなイメージを持っていますか?

 

 

私の場合、

いつもいつも

何かにつけて意味を見出したくて、

自分の存在意義とか自分の職業とか将来とか

あーでもないこーでもない言うのが好きなんですが、

 

生活と聞くと、

自分はどんな日々を送れば思い描く将来に繋がるのか…とか

我慢して早起きとかお勤めとか頑張る日々=生活?…とか

そんな毎日を送る意味はあるのか…とか

街を探検したり裁縫習ったりするあの教科ね

とか考えます。

 

 

 

そしたらこの間、ふっと帰省したときに

「特に用事ないけど帰ってきたー」

と父に言ったら、

「家族と生活するのに理由なんか要らないだろ」

と当然のように言われ、

むーうと一本取られた気がしたと同時に、

家族や帰れる場所の存在にほっこりあったかくなりました(*´-`)

 

 

生きてく意味とか

周りへの影響力とか

日々の暮らしへの期待とか

無くても問題ないのに求めすぎちゃってたのかも。

 

なるほど確かに、

意味を求めすぎていることで

見えなくなったり失ったりすることもあるのでしょう。

 

 

今の自分を大事にして

周りに在るものに感謝して

1日1日を生きていく、

それが自分の営みであり生活なのね、きっと。

 

 

 

と、自分の”生活“を見直してみようと思った

大和さくらでした。

 

 

 f:id:prunus-4-cerasus:20171122010435j:image

↑父が安くなっていたと嬉しそうに捌いていたキンメの刺身

 

[映画]この世界の片隅に

 
君の名は。に囚われていたら、
凌ぐほどに注目されていた映画。
 
上映中は観に行けなかったので、DVDにて鑑賞。
 
 
観に行った友人から、
「戦争中の”日常”を淡々と写してる感じ」
と言われて何故それで高評価なのか、イメージが湧かなかったけれど、
観てみて納得。
 
鑑賞後にふわっと幸せな気持ちになる映画だなと思いました。
 
 
主人公もストーリーもはっきりしていなくて、大枠は決まっているけれども、それだけという感じ。
 
 
ーネタばれーーーーーーーー
小さい頃から絵ばかり描いてのんびりしていたり、
すぐに迷子になったり、
嫁に行っても(私に比べたら全然すごいけど)仕事が遅くてお義姉さんに取られてしまったり、
野草を採ってきてご飯にしたり、
高価なお砂糖を水に溶かしてしまったり、
急にお嫁に呼ばれたのにちゃんと好いている旦那さんと防空壕でキスしてたり、
隣にいた子を守れなくて自暴自棄になったり、、、
ーーーーーーーーーーー
 
 
一生懸命、自分のままで生き抜いてるすずさんが、眩しくて。
「おまえ、普通やな」的なセリフを幼馴染みに言われるところとか観てると、なんてかけがえのない魅力なんだろうとか思える。
 
 
彼女はただ彼女を生きていってるだけかもしれないけれど、他の人にはそれがとても安心感があって、よりどころになっているんだろうなぁと、救われた気持ちになりました。
 
 
 
戦争批判とか、
他国批判とか、
自国批判とか、
〇〇主義批判とか、
 
そんなものたちから切り離されて
事実、存在していた当時の”日常”。
 
それは、
白黒つけて責任をはっきりさせるような解決ではなくて、新しい共有の仕方なのかも。
 
 
 
 
 
…明日も早起きがんばろう。
 
すずさんの等身大の人生に
想いを馳せて。
 
 
 
 
 
 

[協力隊]任地変更?!

 

大和さくらです!

 

かねてより目標だった、JICAの青年海外協力隊にこの秋合格いたしましたが…

 

格通知が来てから約2ヶ月半。

なんと…

 

任地変更が決定!!!笑

 

 

元々は、西アフリカのブルキナファソ🇧🇫(フラ語圏)に派遣予定でしたが、

今年の8月14日に、都市でテロがあったようで、

情勢が悪化。

 

 

任地は都市から離れた地域でしたが、

バイクでの移動を余儀なくされるような田舎、

そして連絡手段がままならないような田舎であったため、

安全を確保するのが難しいとの現地の判断で、変更に至ったようです。

 

 

要は、田舎をバイクで移動中に、

砂漠地帯から南下して来た、テロを起こすような組織に拉致られたとしても、

連絡の取りようがなくて助けられませんので、来ないでね。

 

 

というように私は解釈しました。

 

諾。

 

新任地は候補をいただいて、近いうちに決定するようです。

 

バイクの免許は、

もうこのまま取るとして(自腹)、

フランス語の勉強は活かせる任国が良いなぁ〜

 

早速、協力隊の”何が起こるかわからない“世界に触れて、

派遣される実感がじわじわしてきた今日でした。

 

 

また報告します!

 

 

[社会][思考・哲学]LGBT総合研究所

 

LGBT総合研究所代表の森永貴彦さんのお話を聞く機会があった。

 

 

高校が女子校だったこともあり、友人の中に同性愛者の人や両性愛者の人もいて、私自身、LGBTをはじめとする性的マイノリティの人たちのことはとても身近に感じている。

 

今回は、LGBT・性的マイノリティー正しい理解と企業の向き合い方というタイトルで、大胆にもマイノリティの人たちをインフルエンサー=イノベーター層として捉える企業戦略を提案する内容だった。

 

 

それをマイノリティ側から提案し、

プロモーションや商品デザインにヒアリングを反映させ、

話題化・プロモーションを成功させているのだから素晴らしいと思う。

 

 

私の思うダイバシティ

ダイバシティは、性的のみならず、人種や国籍、言語などいろいろな方面で起こっていることであるし、そのときにマイノリティに目を向けて共存していくことは自分が生きていくために必要なことだと私は常々思っている。

 

 

なぜ必要なのかは上手く説明できないけれど、

他者を排除していく先に、自分の幸せがあるとは思えないからで、植物や動物たちに多様性があるからこそ地球が成り立っていることを知っているから、というのが自分のダイバシティに対する考えである。

 

 

グラデーション 

話は戻って、

性的マイノリティを語るときに、人はLGBTから話し始める。

 

それは極自然なことだが、私は自分の経験上、性別も性格と同じように、(そして血液型とは異なって、)いくつかのグループには分けてしまうのは難しいのではないかと思っていた。

 

 

そこに答えをくれたのが、今回お話ししてくださった森永さんだった。

 

森永さんは、マイノリティの説明をする際に、

本当はいくつも項目があることを断ってから、

の4点を挙げて、これらがグラデーションのように個人で異なることを説明してくれた。

 

 

そう、グラデーションなのだ。

これがストンと腑に落ちた。

男か女かではなく、身体性でさえ様々な人がいる。実際にいるのである。

 

私たちは、少なくとも私は、

そんな感じはしていても知らないがために、グラデーションの間にいるような人たちのことを認識できないでいたのである。

 

 

男の子っぽい女の子や、女の子っぽい男の子を、

女じゃない、男じゃないと

決めつける必要なんてなかったのである。

 

 

 

それぞれの存在を違和感なく受け入れられる、

そんな人間になって、そんな社会を目指して生きてけたらいいな

と思えた講演だった。

 

 

 

LGBT総合研究所HP

http://www.lgbtri.co.jp/

 

[国際協力]講演「ルワンダ 平和構築と和解はどこまで進んだか」

 
東京大学大学院総合文化研究科のHSP「人間の安全保障」プログラムに参加しました。
 
 
ルワンダ PIASS大学平和紛争研究学科で教鞭ととっていらっしゃる佐々木和之氏による「ルワンダ 平和構築と和解はどこまで進んだか」。
 

和解:謝罪と赦し

ニャルワンダ語のUbwiyungeは和解という意味で、壊れているものを修復するという意味合いがあるそうです。
 
民族間の関係のみならず、被害者と加害者、フトゥとトゥチが入り混じった家族も少なくない中での家族間の関係など直視すべき問題はたくさんあります。
 
 
佐々木氏が立ち会ったという、ガチャチャ裁判に関するお話はもちろん、NHKドキュメンタリーでも取り上げられた当事者同士の和解の様子は生々しいものがありました。(佐々木氏を支援する団体会報より)
 
加害者の告白、被害者のスピーチ。謝罪と赦し。2ページにわたって綴られたその様子は、読むだけでも緊張感と当事者たちが大きな変化を果たしたことが伝わってきました。
 
 

「正史」を受け入れられるか

 
会の終わりの質疑応答の場面で、民族の対立を日韓関係に照らし合わせ、
政府からの「正史」を共通の歴史認識として受け入れさせることは難しくないのか、という問いがありました。
 
佐々木氏は、今までそういった視点で考えたことがなかったとしながらも、日本や韓国とルワンダの違いを挙げながら、ルワンダでは可能であると思っていると語りました。
 
農村社会では民族の違いも乗り越えていかなければ生きていくことは難しこと、佐々木氏自身もクリスチャンであり前述の「和解」も教会で行われたようですが、神への信仰によって乗り越えられる場合があることなどを語りました。
 
 

現状と課題

 
国全体としては、現在、平和的共存は成り立っているとし、新しい国民アイデンティティの形成も、世代間での違いはあるものの少しずつ進んでいる様子を話していました。
 
 
課題としては、経済が安定している今は状況は安定しているが、経済格差は広がっている兆しもあるようで、支援や対応が小規模に限定されていることも指摘していました。
 
 
 
1994年から23年。
Good governanceに加えて次に何を目指せば良いのか。
 
affirmative action;集団間の歴史的・社会的格差是正という言葉も挙がったが、まだまだ学ぶ側の身としては、是正する立場の人間が何を真実としてどこへ向かうのか、その理解だけで大変な時間がかかるような気がした。
 
 
佐々木さんを支援する会HP
 
 
 

[本][国際協力]アフリカの風に吹かれて−途上国支援の泣き笑いの日々 藤沢伸子

 

ーーーーーーーーーー
以前、先輩コンサルタントから聞いた印象深い話を改めて思った。
「我々は、所詮、その国の土にはなれない。でも、その国の風になることはできるんだ」。
短期間しかいない我々のような余所者が、その国の土台を一からつくるような仕事に携わることはできない。しかし、我々のような者でも、その国に風を吹かし、種を運び、何かを育てていくきっかけをつくることは、出来るのかもしれない……。
ーーーーーーーーーー
(表紙裏より)

 

 

アフリカの風に吹かれて―途上国支援の泣き笑いの日々

アフリカの風に吹かれて―途上国支援の泣き笑いの日々

 

 

 

完全にもっていかれた。
図書館で、手に取って開いたときのこの引用文は、
私が改めて国際協力を目指そうと胸を踊らせながら、一気にこの本を読み切るのに十分だった。

 

さらには、一章ではいきなり恋バナ。
本全体は、国ごとに章が分かれていて、最初のスーダンはオランダ留学の後に初めて訪れたアフリカの地として紹介されていた。

 

留学先で課題に追われながら淋しい思いをした著者が、
話を聞いてくれたアフリカ人と惹かれ合い励まし合い、日本帰国前に、全くの異文化圏である彼の母国を訪ねる様子は、感情移入できると同時にフットワークの軽さ(というか想いの強さ)を感じることができた。

 


その後物語は、私が国際協力に興味を持つきっかけである難民キャンプを舞台として進んでいく。
南スーダンザンビアジブチシエラレオネ

 

文章は終始ラフな言葉で、
人様の日記を見ているかブログを読んでいるような感覚だった。

 

珍しい…と感じたのは、
いきなり恋バナをブッ込んでくるのもそうだが、
全体を通して、失敗談をふんだんに盛り込んである点である。

 

こうすれば良かったのにできなかった、
こうできれば良かったが上手くいかなかったなど、
赤裸々な体験たちが、国際協力分野で働く人の像をハッキリとさせてくれた。


今の私に足りないものは、こういう全てを受け入れて曝け出すことなのかもしれない。私はこうするんだ!とそのときの精一杯の自分で受け応えるような。

 

さて、1年後のブルキナファソにはどんな風が吹いているだろうか。